ホーム > サポート > ご利用マニュアル > VPSマニュアル > メール > メールソフトの設定方法 -Windows--Mac- > Windowsメールの設定方法

VPS(バーチャルプライベートサーバー)ご利用マニュアル


Windows Live メールの設定方法

Windows Live メールについて導入設定から、使い方、添付方法をサポートします。

1.Windows Live メールを起動し、[ツール]メニューの[アカウント]をクリックします。
画面イメージ
画像を拡大する

メニューバーが表示されていない場合は、[メニュー]ボタン->[メニューバーの表示]をクリックしてください。 画面イメージ
画像を拡大する

2.[追加]ボタンをクリックします。
3.[電子メールアカウント]を選択し、[次へ]をクリックします。
4.以下のように設定し、[次へ]をクリックします。
電子メールアドレス 作成したメールアドレス
パスワード メールパスワード
表示名 任意の名前を入力
※利用用途などこのアカウントを思い出しやすいような名前を付けてください
電子メールアカウントのサーバー設定を手動で構成する チェックを入れる
5.以下のように設定し、[次へ]をクリックします。
受信サーバー mail.ドメイン名
ログインID メールアドレス
※ログインIDはメールアドレスになります
送信サーバー mail.ドメイン名
ポート 587
送信サーバーは認証が必要 チェックを入れる
6.[完了」をクリックします。
7.[アカウント]画面に戻ったら、[閉じる]をクリックします。
サブミッションポートの設定方法

近年迷惑メール対策強化の為に、一部インターネットプロバイダー様ではOutbound Port25 Blocking(以降OP25B)対策が実施されている場合があります。
OP25B対策が実施されたインターネットプロバイダー様をご契約の場合、一般的なメール送信用ポート(SMTP)でのメール送信が行えない場合があります。
このような場合、メール送信用ポートにSubmissionポート(587番ポート)を利用することで、メール送信が可能になります。
※OP25B対策についてのご確認はご契約のインターネットプロバイダー様にお問い合わせください。

1.Windows Live メールを起動し、[ツール]メニューの[アカウント]をクリックします
2.[プロパティ]ボタンをクリックします。

複数のアカウントを設定されている場合は、設定を変更するアカウントを選択後、[プロパティ]ボタンをクリックしてください。

3.[サーバー]タブを選択し、[このサーバーは認証が必要]にチェックを入れ、[設定]ボタンをクリックします。
4.[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]が選択されていることを確認し、[OK]ボタンをクリックする。
5.[詳細設定]タブを選択し、[送信メール(SMTP)]欄に「587」と入力し、「OK」をクリックします。
6.[アカウント]画面に戻ったら、[閉じる]をクリックします。

ページTOP

キーワード検索

例)ログイン方法


スタートアップガイド

メール

FTP

データベース

アプリケーション

サーバー管理ツール(Plesk)

用語集

ご利用マニュアルTOP