ユーザーサポートページ > メンテナンス情報

メンテナンス情報 お知らせやメンテナンス情報をご覧いただけます

サーバー障害情報など、緊急を要する情報は迅速にこのページにて報告するよう努めておりますが、最新の情報が反映されるまでにお時間をいただく場合もございます。何卒ご了承ください。


9 - 16 ( 457 件中 ) / グループ:すべてのグループ

2018年10月10日(水) 【VPS】ネットワークメンテナンス実施のお知らせ(10月17日)
No.455 / Group:お知らせ その他
ご利用者さま各位

平素はServerQueenサービスをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

この度、下記のサーバーにつきまして、
ネットワークメンテナンスを実施させていただきます。

詳細は下記となりますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

■対象サーバー

 Linux VPSサーバープランをご利用中かつ、
 IPアドレス「209.54.48.0〜209.54.63.255」をご利用中のサーバー

■作業実施日時

 2018年10月17日(水) 13:00〜14:00

■作業内容

 サーバーのネットワークメンテナンス

■影響範囲

 メンテナンス時間帯のうち、全サービス(WEB・メール・コントロールパネル)等
 にて瞬断が発生いたします。


以上、ご迷惑をおかけいたしますが、
何とぞ、ご理解のほど賜りますようお願い申し上げます。



2018年09月07日(金) ネットワークメンテナンス実施のお知らせ/sqshared1.ssl-sys.jp(9月27日)
No.454 / Group:お知らせ その他
ご利用者さま各位

平素はServerQueenサービスをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

この度、下記のサーバーにつきまして、
ネットワークメンテナンスを実施させていただきます。

詳細は下記となりますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

[対象サーバー]
sqshared1.ssl-sys.jp / 125.206.125.198

[作業実施日時]
2018年09月27日(木) PM 0:00 から AM 06:00 まで

[作業内容]
サーバーのネットワークメンテナンス

[影響範囲]
メンテナンス時間帯のうち、最大1〜2時間程度、
サーバーサービス(WEB・メール)等、全て停止いたします。

恐れ入りますが、念のためデータのバックアップ等を
取得いただきますようお願いいたします。

以上、ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解のほど賜りますようお願い申し上げます。


2018年09月06日(木) 平成30年北海道胆振東部地震による災害のお見舞いとサービス支援措置のお知らせ
No.453 / Group:お知らせ その他

平成30年北海道胆振東部地震により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
GMOクラウドでは、災害救助法の適用地域にお住まいのご契約者の皆さまを対象に、
下記の支援措置を実施いたします。

<対象となるお客さま>
GMOクラウドのサービスをご利用されており、 内閣府発表の
平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る災害救助法の適用について
http://www.bousai.go.jp/taisaku/kyuujo/kyuujo_tekiyou.html」で指定
された災害救助法適用市町村を契約住所としているお客さま

<支援措置>
(1)ご契約の更新手続きの猶予

2018年9月6日〜2018年12月5日の期間に契約更新日を迎える場合、
更新日を過ぎた後でも2019年1月5日までに更新のお手続きをいただければ、
ご契約が更新されたものとしてお取り扱いさせていただきます。

更新のお手続きが行われない場合、通常はドメイン廃止、サービス停止など利用約款で
定めた措置が行われますが、今回の支援措置では一定期間、ご利用を継続いただけます。

当件に関するご相談につきましては、下記の窓口までお問い合わせください。
------------------------------------------------------------------------
【お問い合わせ窓口】
https://www.serverqueen.jp/contact/
------------------------------------------------------------------------

皆さまの安全と、被災地における一日も早い復旧・復興を、心よりお祈り申し上げます。


2018年08月30日(木) 【注意喚起】Movable Typeにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性について (CWE-79)
No.452 / Group:お知らせ その他
お客さま各位

平素はServerQueenサービスをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび
JPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)は、
「『Movable Type』におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性」を、
JVN(Japan Vulnerability Notes) において公表しました。

下記をご確認いただくと共に、ご対応いただけますようお願い申し上げます。

■概要
---------------------------------------------------------------------
シックス・アパート株式会社が提供する Movable Type は、コンテンツ管理システムです。
Movable Type には、クロスサイトスクリプティング (CWE-79) の脆弱性が存在します。

ユーザーのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される可能性があります。

脆弱性の影響を受けるバージョン
Movable Type Ver. 6.3.1 より前のバージョン

■対策
---------------------------------------------------------------------
アップデートする
開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

ワークアラウンドを実施する
対策前のバージョンを使用する場合、開発者は次のワークアラウンドの適用を推奨しています。

 ・/php/extlib/adodb5/tests ディレクトリを削除する。

■詳細
---------------------------------------------------------------------
「Movable Type」におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性
 https://jvn.jp/jp/JVN89550319/index.html


2018年08月23日(木) 【注意喚起】【VPS】Apache Struts 2 の脆弱性 (S2-057)について
No.451 / Group:お知らせ その他
※本脆弱性につきましては、弊社からのサービス提供時状態(初期状態)では
 Apache Struts 2がインストールされていないため影響はございません。
 お客さまご自身でApache Struts 2をインストールされている場合は
 アップデート対応を行っていただけますようお願いいたします。

お客さま各位


平素はServerQueenサービスをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

JPCERT/CCより、Apache Struts 2に関するサービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2018-11776) が公表されました。
本脆弱性を悪用された場合、お客さまサーバー内情報の破壊や改ざん、漏えいが発生する可能性もございますため、
下記をご確認いただくと共に、ご対応いただけますようお願い申し上げます。

■概要
本脆弱性は、Apache Struts 2 の処理に起因し、Struts の設定ファイル(struts.xml など) で
namespace の値が指定されていないか、ワイルドカードが指定されている場合、あるいは、URL タグの記述において
value かaction の値が指定されていない場合に、本脆弱性の影響を受けるとのことです。
Apache Software Foundation は本脆弱性の深刻度を「Critical」と評価しています。

■脆弱性の影響を受けるバージョン
2.3 系列 2.3.35 より前のバージョン
2.5 系列 2.5.17 より前のバージョン

■対策
本脆弱性に対する回避策として、Strutsの設定ファイルで namespace の値を指定し、
URL タグの value と actionの値を指定することを挙げていますが、
可能な限り早くバージョンアップを行うことを推奨しています。


Apache Software Foundation より、本脆弱性を修正したバージョンが公開されています。
十分なテストを実施の上、修正済みバージョンを適用することを強くお勧めします。

- Apache Struts 2
- 2.3 系列 2.3.35
- 2.5 系列 2.5.17

■詳細
Apache Struts 2 の脆弱性 (S2-057) に関する注意喚起
https://www.jpcert.or.jp/at/2018/at180036.html


2018年08月23日(木) 【注意喚起】【VPS】Ghostscript の -dSAFER オプションの脆弱性について
No.450 / Group:お知らせ その他
お客さま各位


平素はServerQueenサービスをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

JPCERT/CCより、Artifex Software 社が提供する Ghostscript の -dSAFER オプションの脆弱性が公表されました。
本脆弱性を悪用された場合、Ghostscript を実行しているユーザーの権限で任意のコマンドが実行される可能性がございます。
下記をご確認いただくと共に、ご対応いただけますようお願い申し上げます。

■対象サーバー
VPSでImageMagickを導入されておりますお客さま

■概要
攻撃者が脆弱性を悪用するコンテンツを処理させることで、Ghostscript が動作するサーバーにおいて、
任意のコマンドを実行する可能性があります。
また、Ghostscript を内部的に使用するアプリケーション (例えば ImageMagick)においても本脆弱性の影響を受けます。

■脆弱性の影響を受けるバージョン
Ghostscript 9.23 およびそれ以前
ImageMagick 7.0.8-10 およびそれ以前 ※
※ ImageMagick はデフォルトで Ghostscript を使用しています。

■対策
2018年8月22日11時現在、本脆弱性を修正したバージョンはリリースされておりません。

本脆弱性は Ghostscript で PostScript を処理させないように設定することで回避することができます。
回避策の適用にあたっては、十分に影響範囲を考慮の上、実施前にバックアップを取得してから実施してください。

なお、ImageMagick を使用している場合は次の回避策の適用をご検討ください。

 ImageMagick の設定ファイル (policy.xml) の設定を変更し、処理の制限をする


設定内容の詳細は、CERT/CC が提供する情報を参照してください。

 CERT/CC Vulnerability Note VU#332928
 Ghostscript contains multiple -dSAFER sandbox bypass vulnerabilities

 https://www.kb.cert.org/vuls/id/332928


2018年08月14日(火) 【障害】DNS(ネームサーバー)不具合について(復旧)
No.449 / Group:お知らせ 障害情報
ご利用者さま各位

この度は、ご利用中のお客さまにご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

下記のネームサーバー障害につきまして、
ネームサーバーシステムがハングアップしておりますことが
原因となっていることが判明いたしました。

問題となっておりましたシステムの強制停止・起動を実施し、
ドメインの名前解決ができるようになっておりますことを確認いたしましたため、
復旧とさせていただきます。

恐れ入りますが、お客さまのご利用環境にて、
動作をご確認いただきますようお願いいたします。

ご不便をお掛けいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------

ご利用者さま各位

この度は、ご利用中のお客さまにご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

2018年8月14日(火)15時頃より、弊社ネームサーバーをご利用中のお客さまにて、
DNSゾーン情報が反映されず、ドメインでの名前解決が行えない状態となっております。

このため、WEBサーバーやメールサーバーが参照できず、
ホームページやメール等がご利用いただけない状態となっております。

只今、原因確認ならびに、復旧作業を行っておりますので、
ご不便をお掛けいたしますが、何とぞお時間賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------
ご利用者さま各位

平素はServerQueenサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご利用いただいております、下記のネームサーバーにおきまして、
追加・編集された「DNSレコード」情報が、
反映されない不具合が発生しております。

【対象】
下記のネームサーバーをご利用中の一部のお客さま
 ns1.hosting-sys.jp
 ns2.hosting-sys.jp

【発生日時】2018年8月10日(金)未明〜2018年8月14日(火)17:37

【障害原因】DNSシステムのハングアップ

【障害内容】
・追加・変更されたDNSレコード情報が反映されない
・未入金等でサーバー停止となった後、
 サーバー復旧後もDNSレコード情報が反映されない


ご利用中のお客さまには、ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。
復旧まで、今しばらくお時間賜りますようお願い申し上げます。


https://www.serverqueen.jp/cs/news/index.cgi?id=support&no=452
2018年08月07日(火) 【VPS】【注意喚起】Apache Tomcatの脆弱性について
No.448 / Group:お知らせ その他
※お客さまご自身でTomcatをご利用されている場合は、
 アップデート対応を行っていただけますようお願いいたします。

お客さま各位


平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

JPCERT/CCより、Apache Tomcat
におけるサービス運用妨害の脆弱性が公表されました。

本脆弱性を悪用された場合、お客さまサーバー内情報の破壊や改ざん、
漏えい、また、Dos攻撃を受ける可能性もございますため、下記をご確認いただくと共に、
ご対応いただけますようお願い申し上げます。


【概要】
Apache Tomcat にて複数の脆弱性があり、UTF-8
デコーダの処理に不適切な処理があり、
悪用された場合にサービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受ける可能性があります。


【詳細】
■JPCERT / Apache Tomcat における複数の脆弱性に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2018/at180030.html



Page:[ ←前 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次→ ]
ページTOP

ご利用マニュアル クイックメニュー

キーワード検索

例)ログイン方法


人気ドメイン新価格

レジストラ移管

独自SSL取扱開始