ユーザーサポートページ > メンテナンス情報

メンテナンス情報 お知らせやメンテナンス情報をご覧いただけます

サーバー障害情報など、緊急を要する情報は迅速にこのページにて報告するよう努めておりますが、最新の情報が反映されるまでにお時間をいただく場合もございます。何卒ご了承ください。


17 - 24 ( 450 件中 ) / グループ:すべてのグループ

2018年06月12日(火) 【VPS】緊急サーバーメンテナンスのお知らせ / 6月15日(金)
No.440 / Group:お知らせ その他
ご利用者さま各位

平素はServerQueenサービスをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

一部のVPS Linuxサーバーにおいて、安定性向上のため
下記日時にてメンテナンス作業を行わせていただきます。

【作業予定日時】
2018年6月15日(金) AM1時00分 〜 3時00分

【対象サーバー】
VPS Linuxプランをご利用頂いており、以下のIPアドレスが
割り当てられております、一部のお客様

 209.54.56.1 〜 209.54.63.254

【影響範囲】
メンテナンス時間内におきまして、ご契約サーバーを停止させていただくため、
約2時間程度、ホームページの表示、メール送受信、
FTP接続等、サーバサービスがご利用いただけません。

この度は緊急での作業となり、お客さまにはご迷惑をお掛け致しますが、
何卒、ご理解ご了承賜りますようお願い申し上げます。


2018年06月12日(火) 【重要】クレジットカード情報の非保持化対応とお支払い方法に関する重要なお知らせ
No.439 / Group:お知らせ
お客さま各位

平素はServerQueenをご利用いただき、誠にありがとうございます。

*********************************************************
クレジットカードにてお支払いを行われているお客さまは、
必ずご確認いただきますようお願いいたします。
*********************************************************

2018年6月に予定されております、
「割賦販売法の一部を改正する法律(改正割賦販売法)」の施行に伴い、
クレジットカードを取り扱う加盟店において、
カード番号等の適切な管理や、不正使用対策を講じることが
義務づけられることになりました。

※割賦販売法の一部を改正する法律案の詳細につきましては、
経済産業省のWebサイトをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/index.html

それに伴い、弊社ではお客さまのクレジットカード情報を保持せず、
決済代行業者(GMOペイメントゲートウェイ)のリンク型決済への移行を
下記の日時に行わせていただきます。

※クレジットカード情報のご入力時、決済会社のページへ
 リンク(画面遷移)いたしますので、弊社基幹システム上では、
 クレジットカード情報の通過・保持を行いません。
 
※銀行振り込みをご利用の場合、影響はございません。

=========================================================

■メンテナンス日時 : 2018年6月4日(月)20時〜

=========================================================

■ご注意点■ ※必ずご確認ください※

・マイアカウントページ「アカウント>支払い方法」に
 ご登録いただいております、既存のクレジットカード情報は、
 新しい決済システムへ引き継がれません。
 お支払い手続きの際に、クレジットカード情報を
 都度ご入力いただく必要がございます。

 また、既存のクレジットカード情報は、
 弊社にて順次削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・クレジットカード情報は、弊社基幹システムに保持されませんので、
 ご契約プランに関わらず「2018年6月4日(月)20時〜」以降は、
 ご契約更新時に、
 クレジットカードでの自動決済・自動更新は行えません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【ご契約更新の流れ】
---------------------------------------------------------
■サーバープラン、gTLDドメイン(.com/.net/.org/.info等)の場合
---------------------------------------------------------

・「アカウント>契約」にて、
 「更新注文を自動的に生成する」設定にされている場合

  ご契約満了日の「10日前」になりましたら、
  自動的に更新注文(請求書)が発行されますので、
  ご契約満了日までに、お支払いお手続きを行ってください。

 ※「.jp」「.cz」「.tw」ドメインのご契約は、
  自動的に更新注文は発行されませんので、
  ご契約満了日の「10日前まで」に、
  必ず、更新お手続きとお支払いお手続きを手動にて、
  行っていただきますようお願いいたします。

・「更新注文を自動的に生成しない」設定にされている場合

  手動にて、更新注文(請求書)を発行いただき、
  ご契約満了日までに、お支払いお手続きを行ってください。


 ▼更新手続き方法(※更新注文を手動発行する場合)

 1. マイアカウントページへログイン
 2. 画面上部の「アカウント」タブをクリック
 3. 「契約」アイコンをクリック
 4. 対象の「ご契約名称」部分をクリック
 5. 「更新注文を生成(作成)する」をクリック
   →請求書が発行されます

 ※「サーバー」と「ドメイン」のご契約は別々となりますので、
  ご契約ごとにお手続きください。

 ▼お支払い方法(2018年6月4日20時以降〜)

 1. マイアカウントページへログインします
 2. 画面上部の「アカウント」タブをクリックします
 3. 「残高」アイコンをクリックします
 4. オープンしている注文にチェックを追加します
 5. 「新しい支払方法によりドキュメントを支払い」をクリックします
 6. 【リンクタイプカード決済】項目にて、
   「申込」ボタンをクリックします
 7. 「クレジットカード情報画面」にてクレジットカード情報を入力
 8. 「送信」ボタンをクリック

 ※「アカウント>契約」にて、
  次回ご契約満了日が延長されていることをご確認ください。


サービスご利用中のお客さまには、お手数をお掛けいたしますが、
安全にインターネット決済をご利用いただくための措置となります旨、
何とぞ、ご理解ご了承賜りますようお願い申し上げます。

また、ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後とも、ServerQueenご愛顧くださいますよう、
よろしくお願い申し上げます。

=========================================================
2018年6月4日以降のお支払いお手続き等、
ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

 ▼ServerQueen お問い合わせフォーム
  https://www.serverqueen.jp/contact/

=========================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆━
【ServerQueenサーバーサービス ユーザーサポート】

◇詳しいサービス内容は◇  http://serverqueen.jp/

━◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年06月08日(金) 【6月8日・障害】サーバー障害について / Linux VPS (復旧)
No.438 / Group:障害情報
平素より、ServerQueenサービスをご利用いただき、誠に有難うございます。

Linux VPSプランを提供しております一部のホストサーバーにて障害が発生しておりましたが、
現在は復旧しております。

【対象サーバー】
 VPS Linuxプランをご利用頂いており、以下のIPアドレスが割り当てられております
 一部のお客様

209.54.56.1 〜 209.54.63.254

【問題発生日時】
 2018年6月8日(金) 10時50分ごろ 〜 11時25分ごろ

【障害内容】 
 サーバーサービスをご利用できない状態となっておりました。

対象サーバーをご利用中のお客様には、ご迷惑をおかけ致しましたことを
深くお詫び申し上げます。

2018年06月05日(火) 【重要】利用約款改定のお知らせ
No.437 / Group:
お客さま各位

平素より、弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2018年6月5日に利用約款を改定いたします。
変更箇所は下記の通りです。

■改定約款
サービス利用約款
http://www.serverqueen.jp/agreement.html

■新約款との対照表(変更点一覧)
https://www.gmocloud.com/pdf/agreement_update/serverqueen_v3.pdf


今後もお客さまの期待と信頼にお応えするため、運営ならびにサービスの充実に
専心努力してまいりますので、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2018年06月05日(火) 【重要】一般・国別ドメイン名(com、net、org等)移管手続きの仕様変更について
No.436 / Group:
平素よりGMOクラウドに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

この度、ドメインを管理する上位機関(レジストリ)の方針変更に伴い、
GMOクラウドの契約レジストラである「お名前.com」での移管手続き方法が変更となりますのでご案内いたします。


変更点詳細は以下の通りとなります。


■変更日時

2018年6月4日(月)12:00

※仕様変更のスケジュールは前後する可能性、または変更になる可能性がございます。

■GMOクラウドへの移管手続き時の変更点

【変更点 1】
変更前:GMOクラウドへのお申し込み後にお名前.comからのメール承認が<必要>
変更後:GMOクラウドへのお申し込み後にお名前.comからのメール承認が<不要>

○詳細
GMOクラウドの契約レジストラである「お名前.com」へトランスファー申請後、
お名前.comよりドメインの管理担当者情報に設定されているメールアドレス宛てにお送りしていた承認依頼メールの配信がなくなります。

GMOクラウドへ移管手続きをお申し込みいただき、移管料金の確認が取れ次第、上位機関(レジストリ)への移管申請を行う手順となります。

なお、ドメイン移管手続きにAuthCodeが必要なドメインは、今後もお申込時にAuthCodeが必要となり、
内容が誤っていた場合、ドメイン移管手続きは失敗となります。

【変更点 2】
変更前:Whois情報は前管理業者で設定されている情報を引き継ぐ
変更後:Whois情報が非公開もしくは不完全だった場合、仮情報でドメイン移管が行われる

○詳細
上位機関側にてWhois情報が公開されていない場合もしくは不完全だった場合、GMOクラウドへの移管完了時に
Whois情報に仮情報が設定されます。

仮情報が設定されている場合、移管完了後に別途情報修正を行っていただく必要がございますので、必ず登録情報をご確認いただき、
必要に応じて情報修正の手続きをお願いいたします。


※仮情報のままドメイン運用を続けますと、上位機関からドメインの利用を制限される場合がございますためご注意ください。
※前管理業者にて設定されているWhois情報が取得できた場合は、今まで同様にWhois情報に設定されている内容が引き継がれてまいります。


■GMOクラウドから他社さまへの移管手続き時の変更点

【変更点 】
変更前:JPドメイン以外のドメインは承認手続きが<不要>
変更後:JPドメイン以外のドメインも承認手続きが<必要>


○詳細
JPドメイン以外のドメインは、お名前.comから他社さまへ移管される際の承認手続きが不要となっておりましたが、
仕様変更日以降は他社さまへの移管手続き時に承認手続きが必須となり、承認手続きを行わない場合、不承認として移管拒否となります。
他社さまへの移管手続き前に、現在登録されているWhois情報に有効な情報が設定されているかをご確認くださいますようお願いいたします。

なお、仕様変更前にドメイン移管のお申し込みをいただいており、既に承認依頼のメールが配信される段階まで進んでいる場合は、
仕様変更前の動作にて処理が進みます。


ご利用のお客さまには大変ご不便をお掛けいたしますが、何とぞよろしくお願い申しあげます。


※上位機関の方針により、運用方針が再度変更になる可能性もございますので、何とぞご理解賜りますようお願い申しあげます。


今後ともGMOクラウドをよろしくお願いいたします。




2018年06月05日(火) 【重要】[ServerQueen]レンタルサーバープランの価格改定につきまして
No.435 / Group:
お客さま各位

平素はServerQueenサービスをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

この度、弊社レンタルサーバープランにて標準でご利用いただいております、
「Pleskコントロールパネル」につきまして、提供元のPlesk社の方針により、
ライセンスの大幅な値上げが実施されることとなりました。

これまで、現行の価格を維持するため料金を同価格で維持してまいりましたが、
弊社単独での努力では難しく、お客さまには大変に心苦しいお願いとなりますが、
現在ご提供しております、共用レンタルサーバープランの提供価格を
下記の通り改定させていただきます。

※弊社に限らず、全世界共通の価格改定となります。

■対象プラン
 プラン名:Q-S1、Q10、Q-01、Q-02、Q-03

■変更内容
======================================================
「現在ご利用中のサーバープランの価格」+405円/月
======================================================

例)
▼Q-S1プランの場合

・12カ月契約
 [変更前]114円/月(1,368円)→[変更後]519円/月(6,228円/年)

※1カ月契約はございません。
 
▼Q-01プランの場合

・1カ月契約の場合
 [変更前]500円/月  → [変更後]905円/月

・12カ月契約の場合
 [変更前]6,000円/年 → [変更後]10,860円/年


※価格は、すべて税抜き表示です。

======================================================
■新価格でのご請求開始日

『2018年6月5日(火)13時以降』より順次

======================================================

ご利用中のお客さまには、ご迷惑をお掛けいたしますことをおわび申し上げます。

弊社では今後もお客さまにご満足いただけるよう、コスト削減等に努めるとともに
より良いサービスを提供できるよう、日頃よりお客さまから頂く声をもとに
サービス向上と品質改善への取り組みに努めてまいります。

弊社サービスをご利用いただいております皆さまには諸事情ご賢察の上、
今後とも何とぞ弊社サービスをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

また、2018年6月5日以降のご利用料金の詳細等、
ご不明な点がございましたらお気軽にサポート窓口までお問い合わせください。

<お問い合わせ>
https://www.serverqueen.jp/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆━
【ServerQueenサーバーサービス ユーザーサポート】

◇詳しいサービス内容は◇  http://serverqueen.jp/

━◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年06月05日(火) 【注意喚起】Drupalの脆弱性について
No.434 / Group:
お客さま各位

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

Drupal提供元よりDrupalに関する深刻な脆弱性が発表されましたため、
下記をご確認いただくとともに、対象バージョンのDrupalを
ご利用のお客さまにおかれましては、修正済みのバージョンへの
アップデートを行っていただけますようお願い申し上げます。

■想定される脅威
------------------------------------------------------------------
リモートから任意のコードが実行可能となる脆弱性が存在し、
この脆弱性を悪用することで遠隔の第三者が非公開データを窃取したり、
システムデータを改変したりするなどの可能性がございます。
脆弱性の影響を受けるバージョン

・Drupal 8.5.3 より前のバージョン
・Drupal 7.59 より前のバージョン

※サポートが既に終了している Drupal 8.4 系も
 本脆弱性の影響を受けるとのことです。

■対策
------------------------------------------------------------------
Drupal より本脆弱性を修正したバージョンの Drupal が公開されています。
十分なテストを実施の上、修正済みバージョンを適用することをお勧めします。
修正済みのバージョンは、下記の通りです。

・Drupal 8.5.3
・Drupal 7.59
・Drupal 8.4.8

なお、Drupal よりサポート対象外のDrupal 8.4 系に対しても、
一時的な回避策として修正されたバージョンが提供されています。

早期のサポート対象バージョンへのアップデートが困難な場合は、
修正済みバージョンの適用を検討してください。

■参考情報
------------------------------------------------------------------
Drupal の脆弱性 (CVE-2018-7602) に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2018/at180019.html

2018年01月31日(水) 【注意喚起】WordPressプラグイン「WP Retina 2x」の脆弱性について
No.433 / Group:お知らせ その他
お客さま各位

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

WordPressプラグイン「WP Retina 2x」 に関する脆弱性が公表されました。

◆概要
・Jordy Meow が提供する「WP Retina 2x」は、WordPress 用プラグインです。
・「WP Retina 2x」には、クロスサイト・スクリプティングの脆弱性が存在します。
・開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください。
・当該製品を使用しているサイトにアクセスしたユーザーのウェブブラウザー上で、
 任意のスクリプトを実行される可能性があります。


◆この脆弱性情報は、2016 年 9 月 26 日に IPA が届け出を受け、
 JPCERT/CC が、製品開発者と調整を行わない「2018年1月30日」に公表したものです。


◆詳細については、こちらをご覧ください。
・WordPress 用プラグイン「WP Retina 2x」における
 クロスサイト・スクリプティングの脆弱性

URL:https://jvn.jp/jp/JVN30636823/index.html
※もしくは、https://jvn.jp/jp/ から「JVN#30636823」を参照



Page:[ ←前 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次→ ]
ページTOP

ご利用マニュアル クイックメニュー

キーワード検索

例)ログイン方法


人気ドメイン新価格

レジストラ移管

独自SSL取扱開始